アニメやゲーム会社の株主優待を積極的に使って、オタク活動を充実させてみる【かーずSPのオタ活向上!◯得情報局:第2回】(3/4)

アニメ・映画編 ~映画鑑賞の割引や、株主限定グッズも!?~

東宝(9602)

去年のマイベスト映画といえば『君の名は。』です。いや~三葉も可愛かったですけど、年上スキー的には奥寺先輩もグッときました! けっきょく映画館に5回観に行っちゃったんですが、そんな時、東宝の株を保有していたらどうでしょうか。
東宝では年二回、800円で映画が鑑賞できる優待割引券が2枚貰えます。つまり一年で800x4=3200円分ですね。頻繁に映画を見に行く人は使わない手はありませんよ!


引用:
https://www.toho.co.jp/anime/index.html/

東映株式会社(9605)

ライバルの東映も同じく映画鑑賞の優待です。6枚綴り1冊の株主優待券が年二回もらえます(東映の映画は1枚、他社映画は2枚使用)。
ただし、今は東映の最低取引の株数が1000株単位なので、100万以上かかっちゃいます。それが2017年10月1日から「1,000株→100株」へ移行して、グッと買いやすくなります。10月以降に100株単位で買えるまで待ったほうがいいですね。


引用:
http://www.toei.co.jp/

なお、関連会社の東映アニメーション(4816)も上場しています。こちらの株主優待はなんと、オリジナル絵柄のQUOカード(500円)x4種類が進呈されます。今年の絵柄は『プリキュア』や『ドラゴンボール超』でした。株主しか手に入らない限定グッズと考えると、額面以上にレアな逸品。オタク心をくすぐるナイス優待です!


引用:
http://corp.toei-anim.co.jp/ir/benefit_program

東京テアトル(9633)

去年話題になった『この世界の片隅に』。この配給会社でおなじみの東京テアトルは、1000株保有で無料鑑賞できる招待券4枚が年2回。一年間に8回無料で映画が観られちゃいます! お近くにテアトル系の映画館がある方は映画鑑賞がはかどること間違いなし!
※東京テアトルは1000株単位の取引ですが、株価はその分低いです(執筆現在)ので、今日紹介した企業の中でも特別に高いということはありません。


引用:
http://www.theatres.co.jp/

ゲオホールディングス(2681)

近くに映画館がない&映画はレンタル派という方には、ゲオホールディングスの株を検討してはいかがでしょう。100株さえ持っていれば、レンタル商品が全品50%割引、何度でもOKです! 他の割引との併用可能ですし、太っ腹ですね~。
もちろん映画に限らず海外ドラマもアニメもめっちゃ見まくれますよ! 過去の名作アニメで個人的にオススメしたいのが『喰霊-零-』と『ゼーガペイン』ですね。どちらも視聴者を驚かせる大仕掛けがしてありまして云々…(以下、アニオタトークが続く)


引用:
http://www.geonet.co.jp/

商品券を使ってコンテンツを楽しむ株主優待!

次のページ (4/4)

次のページを読む